次年度生募集中!

夏の終わりに・・・。

今週で夏休みが終わります。

そうすると学校終わりが16:00、週3日はそのまま20:00まで塾通いという生活サイクルになります。

残りの4日で授業ペースに遅れないように演習と復習する毎日です。

4教科ですと、結構なボリュームですね。

一方、平日の塾のない日は帰宅17:00~就寝22:00として、就寝までの5時間です。 そのうち勉強に充てられる時間は3時間程度でしょうか?

土・日は、休憩をはさみながら午前2.5時間、午後3時間程度、夜2.5時間程度を確保して8時間ほどが勉強可能です。

1週間で塾のない日の勉強時間は、平日の2日間で計6時間、土日の2日間で計16時間ですから、週22時間の学習可能です。

1週間で習う4教科の単元の演習、復習、暗記復習などは22時間でやらなければいけません。

志望校合格に近づくには、分からなければわかるまでやる。

解けなければ、解けるまでやる。

忘れるなら、覚えるまでやる。

希望の成績を取るための勉強量はひとりひとり違います。

子どもが勉強に苦しさを覚えたら進みません。

ズルします。誤魔化します。

涙を流してやることでもありません。

子どもは、うれしかったり面白いとドンドン理解して、できるようになる生き物です。

だから、わが子が「やらされ感なく、取り組むアイデア」を常に考えなければいけません。

どうやって効率を上げるのか、定着率を上げるのか?

時間を増やす? やり方を変える? 意識を変える? 全て変える?

受験までの残り時間、学習内容を確認して必要な勉強量を検証しましょう。

特に6年生は時間がありません。

「合格までの努力は同じではありません。」

同じなのは、残り時間だけです。

勉強は余裕をもって計画的に。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。