次年度生募集中!

勉強をしない原因

小学生になると、ひとりで勉強を進めさせようと徐々に手を掛けなくなります。

こどもは、親が喜んでくれることを糧に勉強を頑張ってきたのに、ある時から「宿題やったの?」「勉強おわったの?」と急き立てられるのです。

ひとりで勉強を「やって当たり前」という親の価値観はもっていませんから、学習のペースは一気に落ちます。

こどもは、よい成績をとることが目的で勉強をしているのではありませんよ。

親に褒めてもらいたいから、喜んでもらいたいから勉強するのです。

勉強が進まないのは、親の喜びがこどもに伝わっていないから。

ここに気づかないと次第に「やらせる勉強」になり、子供は成長とともに勉強をしなくなります。

一度嫌いになった食べ物は、好きになることはありません。

いやいや食べるようになります。 

二度と好んで食べようとしません。 勉強も同じです。 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。